神戸市西区、国宝・太山寺の参道にある小さなスペシャルティコーヒー豆専門店 <オンラインショップ>

コスタリカ サンガブリエル農園(浅煎り)200g

¥1,400


ラム酒やカシスのフレーバー、イチジクやアプリコットの甘味。

コスタリカの中央部セントラルバレー地域は、コスタリカにおけるコーヒー生産発祥の地で、コーヒー栽培に適した好条件が整った環境にあります。太平洋の恩恵を受け、雨季と乾季がはっきりとわかれており、海からやってくる乾燥した風はコーヒーの甘味を引き出しています。また、火山灰を豊富に含んだ農地は、弱酸性で有機質を多く含む肥沃土であり、排水も良く、コーヒー栽培に適しています。
好立地にあるサンガブリエル農園は、トレバレス山麓に沿って広がっており、昼夜の寒暖差で実が凝縮し、硬く締まったコーヒーチェリーが栽培されます。日中でも霧に覆われており、この霧が農園全体に湿度をもたらすので、より生き生きとしたコーヒーの木々が育ちます。
乾燥プロセスにおいても、この霧が直射日光を遮るのでゆっくりと乾燥が進みます。その結果、甘味の詰まったコーヒーチェリーは、その成分をしっかり内部に浸透させ、より高品質なコーヒーとして精製されます。

浅煎りに焙煎されたサンガブリエル農園のコーヒーは、ナチュラルらしい複雑な甘さや香りが楽しめます。ラム酒のような味わいとカシスのようなコクと香り、イチジクやアプリコットを連想させる熟度の高い果実の甘みを楽しんでください。


コーヒー豆の産地について

コスタリカ
エリア セントラルバレー地域 トレバレスマウンテン地区 プリカル
標高 1,350〜1,600m
精製処理 ナチュラル

商品詳細

焙煎度合い あっさりめ(浅煎り)
内容量 200g
賞味期限 販売日より1ヶ月

※消費税は全て商品代金に含んで表示しています。