神戸市西区、国宝・太山寺の参道にある小さなスペシャルティコーヒー豆専門店 <オンラインショップ>

コスタリカ ブルマス レッドハニーコンフィテス農園(浅煎り)200g

¥1,400


果実的な甘みとミルクのような滑らかな触感

コスタリカでは、従来農協系や大手会社によるコーヒーが主流でしたが、ここ数年発展してきたマイクロミルのコーヒーがそのユニークさ及び品質の高さから注目を受けております。同国では他の中米と異なり農園規模は小さく、収穫したチェリーを農協系またはプライベート加工業者に搬入する分業制が主体でありましたが、家族や親類など農園が小規模な水洗処理設備、乾燥設備を共有し、地区特性を反映した品質の高いコーヒーを一貫して生産する動きがマイクロミルです。コスタリカ全土でその数は100を超えるといわれています。
セントラルバレー地域は、コスタリカSHBの供給地として重要な役割を担ってきましたが、近年宅地化が進み、コーヒー生産が難しい状況になって参りました。その中で幾つかの農家はより価値の高いマイクロミルによるコーヒー生産を行っております。ブルマスデルズルキ・マイクロミルは2002年に創業しました。オーナーであり農業技師のファン・ラモンさんはセントラルバレーコーヒーのパイオニア的存在です。現在では、コーヒー事業の他、カフェやガソリンスタンド事業なども手掛けるビジネスマンです。
2月に完熟した赤いチェリーを丁寧に収穫、ブルマスデルズルキ・マイクロミルに搬入、パルピング工程を経て、アフリカンベッドで天日乾燥され作られました。100%ハニーは乾燥工程に難しさがありますが、彼は独自の技術で高品質なハニー100%の生産を実現しています。
コスタリカ特有の酸味に加え、ハニー100%製法の特徴である、果実的な甘み、ミルク(スペイン語でレーチェ)のような滑らかな触感があります。通常のコスタリカでは味わうことのできない貴重な素晴らしいコーヒーをぜひお試し下さい。


コーヒー豆の産地について

コスタリカ
エリア セントラルバレー地域 サンフランシスコ デ エレディア地区 サンイシドロ
標高 1,300〜1,400m
精製処理 ハニー精製処理

商品詳細

焙煎度合い あっさりめ(浅煎り)
内容量 200g
賞味期限 販売日より1ヶ月

※消費税は全て商品代金に含んで表示しています。